結婚式の見積もりは信用できない!見積もり+いくら程度だと余裕?

結婚式の見積もりは信用できない

結婚式を執り行うにあたって、予算をある程度決めてウエディングプランナーに相談し、結婚式場と契約を結んで打ち合わせを行いますが、打ち合わせでオプションが追加されることによって見積もりで伝えられた金額をはるかにオーバーしてしまうことは多いです。人によっては100万円以上オーバーすることもあります。結婚式は一生に一度のイベントなので、こればかりはしょうがないと思っているかもしれませんが、100万円もあれば新婚旅行を豪華にすることも可能です。そのため、なるべく結婚式は見積もりをオーバーしない範囲の金額で行いたいところでしょう。ただ、見積もりの段階で結婚式場が提案するプランは必要最低限のものです。そのため、豪華な結婚式にしたいならオプションは欠かせません。したがって、結婚式にかかる予算をウエディングプランナーに伝える際には実際の予算-50万円程度の金額を伝えておけば、予算内に収まることが多いです。

見積もりトラブルを避けるには

見積もり金額と実際の金額に差がありすぎて結婚式場との契約でトラブルになってしまう人は少なくありません。そこで見積もりのトラブルを避けるにはどんな点に注意すべきなのでしょうか。まず、オプションを提示された時には必ずオプションの金額を確認しましょう。想像以上にオプションの金額が高かったために予算をオーバーすることも多く、1つ1つのオプションの金額を確認して、高額オプションを気づかないうちにつけることを避けましょう。また、打ち合わせの際には録音も大切です。割引などを提案されたのに、契約書を見てみるとされていないなどといったトラブルも多いです。そこで録音をしておけば言った言わないでトラブルになることを避けられます。

鶴岡八幡宮で結婚式は、歴史的建造物をバックにして神前式や写真撮影などができ、ロケーションにこだわる夫婦から支持されています。