今や結婚する二人の意思が結婚式に尊重されます

両親や親族のみ招待する少人数の結婚式もあります

かつては、職場の人や学生時代の友達など多くの人を招待して盛大に結婚式をお祝いするのが普通に行われていましたが、今は、新論新婦の両親や兄弟、親族のみを招待する小さな結婚式も普通に行われています。これなら招待する人も少なくてすみますので結婚式場も小さな規模で良いです。結婚式にお金をかけるよりもむしろ結婚生活の方にお金をかけたいと考えている人はこんな結婚式を行っています。それでも、親族ならば、何かの折に顔を合わせることもあるので結婚式に招待しておいた方が今後の二人の婚姻生活にはプラスになります。また、人数が少ないので招待した人の名前を覚えやすいという利点もあり、しかも、今後、親族として付き合っていかなければならないので顔を合わせるには大切な機会です。

たくさんの人達から祝福される結婚式もあります

もちろん、今でも、両親や親族はもちろん、会社関係の人や学生時代の友人など多くの人を招待して盛大に祝福される結婚式も行われます。この場合は、結婚式場は大きめの会場となります。男性だったら仕事の付き合いもあったり、女性だったら今までいろいろとお世話になった方を招待して結婚式での晴れ姿見てもらいたいと思うはずです。ただし、この場合、気を付けなければならないことは、新郎と新婦それぞれから呼ばれる招待客の人数にあまり差が出ないように気をつけることです。更に、昔からの伝統的な媒酌人の夫婦には誰に頼むのかを二人で慎重に話し合って決めなければなりません。また、当日の余興などがあれば結婚式のスケジュールなどの調整も大切な仕事です。

福岡の結婚式場はいろいろな割引プランがあります。シーズンや組数を限定した格安プランなどがあります。今はやりの会費制の式も実現可能です。